<<前のページ | 次のページ>>
2011年7月2日(土)
久しぶりの観戦

久々に息子のサッカーの試合の観戦に行ってきました。
金、土曜日は中体連(中学生最後の公式戦)初日で、ちょうど一番近い田主丸中学校での試合だったので見に行けました。
久留米市内の18チームの中から5チームが地区大会へ行きますが、2日間でベスト6まで決まり次の土曜日に決勝戦です。
うちのチームは1位リーグの3チームの中に入っているので応援にも力が入ります。
決勝戦も同じ会場なので9日(土曜日)は午前中と午後の1時間づつ留守時間帯があると思います。悪しからず。
ご来苑される方はお電話下さい。
ちなみに初戦は19−0で勝ちましたが、それよりも27人いる3年生が皆出場できて良かったです。

2011年6月30日(木)
看板鯉!
2011年6月29日(水)
看板鯉!

鯉誌ネタです。
「月刊錦鯉 7月号」の37ページにうちの看板鯉がマレーシアの鯉屋さんの看板に――!!
自家産の鯉で、うちで一番の出世鯉。
全国大会巨鯉の部総合優勝(80部紅白)の鯉ですが、
全国大会の後マレーシアに行き、マレーシアの大会で全体総合優勝したとの噂を聞いていましたが、
まさかこんな所に飾られていたとは。
でもいろんな所でこの鯉を使って頂いているようで、ありがとうございます。
新日本教育図書出版の「錦鯉問答」や「泳ぐ宝石錦鯉」のなかにも。
そういえば私もこの鯉で今月初名刺を作っていました。
どこかでこの鯉を見かけたら教えて下さ〜い!。
いつか「ATARIKOI」さんにも行ってみたいです。

2011年6月28日(火)
5日間かけて

稚魚の選別風景です。2人しか居ないので私がカメラマンです。
初めてこの風景を見た方は、稚魚の数(と言うより量に)ビックリされます。
でもこの中で選ばれるのは5%くらいです。
紅白2池を3日間で終わり、大正三色を2日間して最初の一次選別が終わりました。

稚魚が良く見える写真が欲しかったですねー。次回は忘れずに撮ります。

2011年6月28日(火)
一次選別初日

先週23日(木)から今年最初の一次選別を始めました。(産卵後約5週間)
主人は朝6時から山の野池に餌やりをして、帰宅後選別池に稚魚池の水を溜め、提げ網を設置していました。7時位から2人で池に入る準備をしていたら、これから始まる今年の選別を励まされるかのように(勝手に2人で思い込み)、西の空にパーッと綺麗な虹が出てサーッと消えて行きました。(写真は消えかかっています)
私達はすがすがしい気分で稚魚池に網を入れ、学校に行く前の息子に稚魚を選別池へと運ぶのを手伝ってもらい、無事に池上げが終わりました。それから2日間もくもくと選別に励みました。
この日は紅白の選別で、親鯉は愛称:「天領小町」。今年で3年目で今年も綺麗な鯉が出来ていました(にこっ!)。
面かぶりや鼻付き模様が少なく2次選別も楽しみです。

2011年6月20日(月)
選別前の毛仔
2011年6月20日(月)
選別風景

写真が小さかったので、もう一度。
ついでに主人が仕事しているところも。

2011年6月17日(金)
黒子選別

今日は昭和三色の毛子(生まれたばかりの稚魚)の選別をしました[これを黒子選別と言う]
左の写真はうちの選別の様子です。
うちでは女性ばかりで世間話が盛り上がりながら、手はしっかりと選別をする!。今回は娘の友達が新人さんでしたが、気に入ってもらえたようです。

真中の写真はこれから選別する毛子です。黒い子(通称:黒子)と黄色い子(通称:赤)がいます。
赤は昭和にならないのでこの時点でサヨナラです。
写真のなかの割り箸つきホースで黒子だけを吸い取ります。

右の写真は選別が終わった黒子だけをタライに移して、稚魚池に持って行きます。
これで今日の黒子選別は終わりです。
お疲れさまでした。

2011年6月16日(木)
訂正をお願いします!

今日は月刊誌「鱗光 7月号」が届きました。

中にはアジアカップの記事が大きく載っていましたが、その後に去年の秋に行われた九鱗会主催の九州大会と大分県大会の入賞鯉が載っていました。
上位入賞鯉は鯉のプロフィールや特徴が載っているのですが、大分県大会の全体総合優勝鯉のコメントに「えっ!」と思わず声が出ていました。
「広島県の阪井養魚場作出で‘紅花‘の子です。平成15年……」と続き、後半には「83cm、10歳です」と続きます。(75部紅白なのに…)

読み終わって、「あ〜、これは九州大会の全体総合優勝の鯉のコメントが受賞者が同一者なのでどこかでごっちゃになったのかなぁ」と思いながらも、作出者(丸筑魚苑)の名前が無い!!!

誰か気付いてくれたかなぁ?

そこで訂正をお願いしまーす!!
大分県大会の全体総合優勝の鯉のプロフィールは
「福岡県の丸筑魚苑作出で、2歳時に入手し3歳まで丸筑魚苑の野池で飼育し、あとは自宅の泉水で飼育。出品時は75cm、5歳です。」です。

ちなみにこの鯉の親は先週産卵した型付き(模様)が良いと書いた鯉です。今年はまた復活したので選別が楽しみです。

2011年6月16日(木)
今の所、順調!

土曜日に産卵した卵が火曜日頃から孵化しはじめて、明日には広い稚魚池に移せそうです。
昭和三色もいるので、黒子の選別もします。
選別の様子は後日UPします。

2011年6月11日(土)
ご無沙汰しました

先月の産卵から1ヶ月近く経ちました。うちの稚魚たちは順調に育っていま〜す!。と言いたい所ですが、1腹が消えてしまいました。
3腹とも綺麗に孵化し、大正三色は一番広い稚魚池に、紅白2腹は5面の池にいれました。それから1週間くらいして紅白の稚魚の姿が日々少なくなり、これは「稚魚が消え始めた。」と言う事で1池流しました。その後同じ腹の紅白の池も同じ様に消えだして…
結局紅白1腹3面を流してしまい、仕切り直し!!。
主人は2勝1敗と言っていましたが、今日やっと次の産卵を終了しました。
今回は前々からとりたかった昭和三色と2年ほどとってなかった紅白で型付き(模様)が良いのが出ていた二腹。1週間後は昭和の黒子選別です。その後が大正三色の1回目の選別が始まります。