<<前のページ | 次のページ>>
2011年5月15日(日)
無事終了!

今朝方、今年の産卵、第一陣が無事に終了しました。
今回は紅白2腹、大正三色1腹を自然産卵でとりました。
昨日の朝から、産卵用の池に雄親鯉と雌親鯉をセットし後は鯉まかせ。
夜中に産卵が始まりますが何時くらいから産卵を始めたかを時々見に行って確認して私達はやすみます。
今回は初腹の紅白(通称モンスター卑弥呼の子)が産卵開始が遅かったので、先に寝ていた主人と交代で私は12時ごろ寝ました。朝起きると、主人はすでに産卵を終えた紅白と大正三色を産卵池から外して卵の消毒も終えていました。
それから、まだ終えていない初腹の紅白の産卵池の上にシートを張って紫外線をカット。3時間後くらいに終了したと診て親鯉を外しました。4日から5日で孵化します。孵化するまでは水質管理が重要です。沢山孵化してくれることを願っています。

2011年5月10日(火)
始動!!

今年の連休は「売り出し」と銘打たず、お客様の来店をお待ちしておりました。

お正月の売り出しの時に買って頂いて、ハウス池でお預かりしていた鯉が30cm前後に成長し、大きいのは40cm超でした。
これからまたさらに大きく育てる鯉を選別し、お客様と吟味しながら野池に入れる鯉を決めて行きました。

日にちを決めて行うと、せっかく遠方より来て頂いてもなかなか充分な会話が出来ず、申し訳ないこともしばしばだったので、今年はお客様に合わせようと言う事にして来ていただきました。
そのため鯉をお預かりしているお客様にしか連絡が行っていませんでしたが、外池の水温も20℃近くになって来たので持帰り用鯉の販売もOKです。

これから鯉を飼ってみたいと言うお客様も多く、アドバイスもしていますので気軽にお立ち寄り下さい。

2才以上の野池入れも開始しました。稚魚池に水を張って産卵の準備も始めました。主人の頭の中は親鯉の組み合わせの事でいつもより忙しそうです。

2011年5月3日(火)
久し振りの再会!!

「日鱗5月号」に数年前にアメリカへ旅立った昭和三色がカルフォルニアの大会で総合優勝に輝いた様で、写真が載っていました。
この鯉は全国大会(東京大会)に3回出品しましたがいつも優勝止まりで、その上の部優勝(国魚賞)まではなかなか行けずにアメリカへ……
そして今回、見事優勝!!オメデトウゴザイマス!!上手に可愛がって飼っていただいている様に写真の映りから感じられましたが、私達(主人と2人)だけでしょうか?